大網白里店

塗装工事 数年しか経過していないのに再塗装❓ 240428

こんにちは。ペイントホームズ大網白里店です

現場大好き人間ですので、日々塗装工事に励んでおり投稿が遅くなってしまいました

先日、八街市のお客様よりお見積りご依頼をいただきました。

以前の塗装工事から数年しか経過しておりませんでしたが、塗膜の剥がれが出ているため、再塗装をご検討との事でした。

 

 

なぜ数年しか経過していないのに・・・

おそらく以前の工事の際の下地処理が原因ではと思います。

塗装工事における下地処理は、美観や耐久性を確保する上で非常に重要です。

下地処理は、塗装する表面を適切に準備し、塗料が密着しやすくする作業です。下地処理が不十分だと、塗料が剥がれたり、劣化が早まったりする可能性があります。

業者によって下地処理の方法や重視するポイントは異なります。

通常、表面を徹底的に清掃し、汚れや埃を取り除きます。また、古い塗料を剥がして新しい塗料が密着しやすいようにします。また、クラックや隙間を埋めるために補修作業も行います。

これらを怠ると、下地処理の質が塗装の仕上がりに大きく影響します。

丁寧な下地処理を行うことで、塗装の美観が向上し、塗料の耐久性も高まります。

逆に、下地処理が不十分だと、塗装の寿命が短くなったり、塗装面にムラや剥がれが生じたりする可能性があります。

 

私共はより耐久性を保つために、見えないからと言って手抜きはいたしません。

また工事に自信があるからこそ保証書をお出しいたしております。

今回お見積りご依頼いただいたお客様には数年後も笑顔でいただける塗装工事を経験していただきたく思っております。

 

これからもいっそう良い塗装工事をご提供できるよう気の引き締まる思いです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。